SNS

2021年3月11日木曜日

スマートメーター停止手続きしても通電されている

ある建物のお部屋をリフォーム屋さんが作業する際、電気を使用するので、リフォーム屋さん名義で通電手続きをし、作業が終わったので停止手続きをしました。
スマートメーター

そのお部屋は、スマートメーターです。

そこで、作業が終わったのに、通電されているので、リフォーム屋さんに伺った所、すでに停止手続きしているとの事。

スマートメーターとは、今まで、作業時の時に通電してもらう様に手続きをしないと通電されないものだと思っておりましたが、

今回のお部屋は、ブレーカーを上げると通電されます。

東京電力に伺った所、停止手続きをしてもブレーカーを上げれば通電される場合もあるとの事。

スマートメーターでも、遠隔操作して通電停止できるものと、人が行って作業しないといけないタイプがあるとの事。

そこで、疑問。

解約手続き後、無契約状態での使用電力料金は、だれが負担するのかという事。

伺った所、契約者が居ない場合の使用電力請求は、出来ないのでしないとの事でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿