SNS

2011年9月5日月曜日

江東区のへそ?広大な木場公園

江戸時代から江戸・東京に木材を供給する場であった木場が新木場に移転後、江東再開発構想による防災拠点のひとつとして整備された「木場公園」。
園内には「ふれあい広場」「入口広場」「噴水広場」「イベント広場」「冒険広場」「東京都現代美術館」「都市緑化植物園」などの施設がある。

また、入口広場の中央にあるイベント池では、毎年10月に木場の伝統芸である「木場の角乗(かくのり)」なども行われている。

木場公園
所在地:東京都江東区平野4-6-1
電話番号:03-5245-1770

TVでも取り上げられる意外に有名?砂町銀座通り商店街

戦前に30軒くらいの商店が集まってはじまり、現在では小名木川の南側の明治通りと丸八通りを東西に走る、約670メートルのエリアに広がる商店街。日本経済新聞で「訪れてみたい商店街」の3位にランクインしたこともある、全国的にも知名度の高い「砂町銀座商店街」。
終日多くのお客さんが訪れる、東京の下町の情緒あふれる商店街に軒を連ねるお店の数は約100店以上。中でも鮮魚店、青果店、惣菜店などが多いなど、地域の台所としての役割を担っている。
砂町銀座商店街
所在地:東京都江東区北砂4-18-14
電話番号:03-3644-5854(砂町銀座商店街振興組合)
http://sunagin.main.jp/



木場にあるイトーヨカドー一帯の深川ギャザリア

「深川ギャザリア」は最先端の設備を有する3つの機能を持ったユニークな複合施設。
イトーヨーカドーを核店に、コンビニなどが入った「タワーS棟」「ウエスト2棟」、フィットネスジムや豊富な飲食店が並ぶ「プラザ棟」、FMスタジオが入った「北プラザ棟」に分かれている。イトーヨーカドー3Fには8スクリーン、1,582席を誇る映画館もあり、様々な施設が揃っている。アクセスは東京メトロ東西線「木場」駅、4b出口から徒歩約2分である。
深川ギャザリア
所在地:東京都江東区木場1-5-30
電話番号:03-5606-5234(イトーヨーカドー木場店)
営業時間:イトーヨカドー 10:00~23:00 ※一部店舗により異なる
http://www.gatharia.jp/



木場公園横にある東京都現代美術館

「木場公園」の北辺に1995(平成7)年に開館した、現代美術専門の公立美術館が「東京都現代美術館」である。
常設展は、4,000点の収蔵作品を活かし、現代美術の流れを一望できる展示と、時代とジャンルを横断するテーマ展示を組み合わせた特徴ある形で行われており、企画展は現代美術を中心に、国内外の幅広いテーマ・ジャンルから選んだ多様な展覧会を開催している。散歩の途中にぶらりと立ち寄ってみると新しい発見があるかもしれない。
東京都現代美術館
所在地:東京都江東区三好4-1-1
電話番号:03-5245-4111(代)
開館時間:10:00~18:00(入場は~17:30)
※8・9月の土曜日は20:00まで開館(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日、年末年始、保守点検・展示替期間
※月曜日開館の場合あり
http://www.mot-art-museum.jp/



東京都水の科学館

東京都水道局が管理する「水のテーマパーク」。館内では、普段何気なく利用している“水”が、科学的にどんな性質なのか、水がどうやって自分達の家まで届いているのかなどが、様々な設備やアトラクションを通して説明されている。
美しい映像と大迫力のサウンドに合わせて動くシートで、水の世界を実感する体感シアター「アクアプラネット」。水の仕組み、秘密を簡単な実験で科学的に理解する水の実験室「アクアラボラトリー」&「アクアテクノロジー」。「有明給水所」を探検する「アクアツアー」など、大人から子どもまで楽しく遊びながら学べるようになっている。料金がすべて無料なのも嬉しい。

東京都水の科学館
所在地:東京都江東区有明3-1-8 
電話番号:03-3528-2366
営業時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28~1/4)
http://www.mizunokagaku.jp/




昔から変貌した夢の島

昔は、周辺の自治体よりゴミ処分場として夢の島は、憩いのスペースになりました。スポーツジムや熱帯植物園等。


日本科学未来館

地球環境とフロンティア”、“技術革新と未来”、“情報科学技術と社会”、“生命の科学と人間”の4つをテーマにした、体験型の博物館「日本科学未来館」。
1階から7階までが吹き抜けになった開放的な館内では、最先端の科学テクノロジーをわかりやすく展示している。館長を務めるのは、かの日本人宇宙飛行士・毛利衛氏。

約100万もの発光ダイオードを埋め込んだ、世界初の球体ディスプレイ装置「GEO-COSMOS」は、迫力満点の大きさ。美しい地球に模した姿を不思議そうに、おもしろそうに覗き込む子どもたちの姿が見られる。子どもたちのお気に入りといえば、3階の「情報科学技術と社会」コーナー。ロボットの操作など、自分の手で実体験できるものが多く、ゲーム感覚で科学に接することができる。
5階のVRシアターでは、3つのプログラム「4D2U」「生物の進化」「Cyber Human」を鑑賞可能。予約制のため、 同階のインフォメーションで予約券を取っておこう。

日本科学未来館
所在地:東京都江東区青海2-3-6
電話番号:03-3570-9151
営業時間:10:00~17:00(入館は~16:30)
休館日:火曜日(祝日・春・夏・冬休み期間は開館)
料金:大人600円・18歳以下200円・小学校未就学者無料
※特別展示は要別途料金
http://www.miraikan.jst.go.jp/

墨田区に近い広大な猿江恩賜公園

1932(昭和7)年開園の公園。その面積は145,088.43平方メートルにも及び、 植樹されている樹木は4,000本以上。その内訳は、イチョウやヤマモモ、クスノキ、アジサイやソメイヨシノなどだ。最寄り駅は、都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉」駅。こちらを出て、2分ほど歩けば到着できる。JR「錦糸町」駅南口からなら、徒歩15分ほどの距離にある。

こちらの園は、新大橋通りを中央に挟んで存在しており、北と南で若干その表情が違う。まず、通りの南側を紹介しよう。ここにあるのは、「野球場兼競技場」や「江東公会堂」。逆の北側にあるのが、「公園サービスセンター」や「テニスコート」と「広場」だ。
同園に来たなら、訪れて欲しいのは以下の2つだ。まず1つ目が、かつての木場の水面景観を再現し、水面のある環境を残すため造った「ミニ木蔵」。こちらの広さは、約1,600平方メートルもあるというから驚く。2つ目は、地元住民で組織する「猿江恩賜公園友の会」の人達が管理し、1年中花が絶えない「協働花壇」。その他、桜の名所としても有名だ。四季折々に使い方いろいろの同園。家族や友人とみんなで楽しく利用したい。

猿江恩賜公園(さるえおんしこうえん)
所在地:東京都江東区住吉2、毛利2
電話番号:03-3631-9732(猿江恩賜公園サービスセンター)
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index013.h..

東京ビッグサイト(東京国際展示場)

東京・有明にある展示ホールと会議施設を持つ総合コンベンション施設。正式名称は「東京国際展示場」。各種見本市をはじめ、大規模な催しが毎日のように開かれている。
電車でのアクセスは、りんかい線「国際展示場」駅下車、徒歩約7分。またはゆりかもめ「国際展示場正門」駅下車、徒歩約3分。

東京ビッグサイト(東京国際展示場)
所在地:東京都江東区有明3-11-1
電話番号:03-5530-1111
http://www.bigsight.jp/