SNS

2011年9月5日月曜日

日本科学未来館

地球環境とフロンティア”、“技術革新と未来”、“情報科学技術と社会”、“生命の科学と人間”の4つをテーマにした、体験型の博物館「日本科学未来館」。
1階から7階までが吹き抜けになった開放的な館内では、最先端の科学テクノロジーをわかりやすく展示している。館長を務めるのは、かの日本人宇宙飛行士・毛利衛氏。

約100万もの発光ダイオードを埋め込んだ、世界初の球体ディスプレイ装置「GEO-COSMOS」は、迫力満点の大きさ。美しい地球に模した姿を不思議そうに、おもしろそうに覗き込む子どもたちの姿が見られる。子どもたちのお気に入りといえば、3階の「情報科学技術と社会」コーナー。ロボットの操作など、自分の手で実体験できるものが多く、ゲーム感覚で科学に接することができる。
5階のVRシアターでは、3つのプログラム「4D2U」「生物の進化」「Cyber Human」を鑑賞可能。予約制のため、 同階のインフォメーションで予約券を取っておこう。

日本科学未来館
所在地:東京都江東区青海2-3-6
電話番号:03-3570-9151
営業時間:10:00~17:00(入館は~16:30)
休館日:火曜日(祝日・春・夏・冬休み期間は開館)
料金:大人600円・18歳以下200円・小学校未就学者無料
※特別展示は要別途料金
http://www.miraikan.jst.go.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿