SNS

2020年7月20日月曜日

コロナで就任減少時の居住用賃貸補助

皆様。
コロナの関係で、お仕事が停止・収入減少等でお困りの中お過ごしされているかと思います。

居住賃貸で何人の方が申請されて、弊社が関わった事例をお伝えしたいと思います。

1Kで、賃料60000円のお部屋の方が、コロナの関係で、お仕事が停止したそうで、

住宅確保給付金
 http://q.bmd.jp/bm/p/aa/fw.php?d=1&i=zentaku&c=297&n=16867

を申請され、その旨の連絡が弊社に来ました。

その後、江東区より、53700円を3ヶ月支給する書類が来まして、貸主様の捺印の代わりに、弊社が捺印し、支給振込口座を記載した書面を返送した所、数週間で振込される旨の連絡が来ました。

初めは、2ヶ月一括で振込されるとの事。
60000-53700=6300円は、借主様が、ご自身で貸主様口座へ毎月お振り込み致します。

保証会社を利用している方もいらっしゃるかと思います。
その際に、自動引落の際はどうなるのか、伺った所、補助金は、借主様口座へ振込されるとの事。

保証会社の自動引落は、以前と変わらず、借主様の口座より引き落としされます。

新型コロナウイルス感染症に関連する各省庁の支援策まとめ