SNS

2020年9月3日木曜日

バランス釜給湯を普通の給湯式にできる!

 このようなバランス釜(浴槽の横に給湯器が付いているもの)

が、昭和後期生まれの方が手間だと思われている給湯式(FF式)の物がありました。

今まで、


BF式

このような、壁の下部に排気口があり、その穴に給湯器を設置して、給湯式にするタイプの所は存じていたのですが、上部排気式のタイプを拝見しました。


ですが、そこの大家さんは、数年前にバランス釜の給湯器を十数万で交換したばかり・床もフロアーパネルに交換したばかりと、給湯器を交換し、台所の湯沸し器を給湯式に配管を提案するにも時期が良くなかったので、このような方法もあるんだと記録の為に投稿します。

バランス釜には、BF式とFF式があるそうです。
BF式は、上記の写真のような、給湯器の後ろに排気穴があるタイプ
FF式は、上記の写真のような、煙突が上に出て、壁に排気するタイプ



写真を見て頂けると分かりますが、浴槽の右に隙間がありますね。
その給湯器を外し、外側に給湯器を付ける方法があります。


こんな感じに外側に給湯器を設置すれば良いのです。

浴室の露出配管がいまいちですが、バランス釜の給湯器が故障・交換時期になったら検討も良いかもしれません。

バランス釜の良い点
  • 小さいのに追い焚き機能が付いている
いまいちな点
  • 種火を付けて給湯する手間がある。
古い建物だとバランス釜だった事もあるかと思います。


使い方を調べていたら大阪ガスさんのマニュアルがありました。

バランス釜の使い方 

設置のメーカーや型番を調べて使い方を覚えましょう。
(下記で型番入れて取扱説明書をダウンロード)

給湯方法を簡単に説明
  1. 給湯機に電池切れになっていないか確認。電池確認ランプが点灯していなければOK
  2. 給水栓が開いているか確認
  3. バランス釜給湯機の大きなダイヤル(器具栓つまみ)が「0」の位置になっているかチェック
  4. ガス栓を開栓
  5. 器具栓つまみを「0」から「1(たね火)」へ押しながら回し、点火確認ランプが点灯するまで押し続けると、種火が点く。機種により種火が見える物もある。
    器具栓つまみを離してもたねび火確認ランプが点灯していることを確認
  6. 器具栓つまみを「2」へ回す
  7. シャワー出湯切替つまみでシャワーかカラン(蛇口から出てくる)を切替し、お湯等が出てきます。
    浴槽に溜める際は、排水栓をチェック。斜めっているとお湯が溜まったかと思うと半分しか溜まらず、漏れていることもあり!
  8. お湯の温度は、湯温調整つまみで調整
ここで疑問?湯量調整が出来ない!ことが調べていて分かりました。

また、水圧が低い場合があるらしく、低水圧シャワーヘッドを使うと良いかもしれません。
節水シャワーヘッドも良いかもしれません。

普通シャワーヘッドと何が違うかというと、ヘッドの穴の数が少ないからその分勢いよく出てくる。

次に追い焚き方法

※硫黄を含んだ入浴剤の使用は機器を腐食してしまう場合があるので止めましょう。
  1. 給湯機に電池切れになっていないか確認。電池確認ランプが点灯していなければOK
  2. 浴槽の排水栓を閉める
  3. 浴槽の上部循環口センター(丸の中心の事)より10cm以上水が入っているか確認
  4. バランス釜給湯機の大きなダイヤル(器具栓つまみ)が「0」の位置になっているかチェック
  5. ガス栓を開栓
  6. 器具栓つまみを「0」から「1(たね火)」へ押しながら回し、点火確認ランプが点灯するまで押し続けると、種火が点く。機種により種火が見える物もある。
    器具栓つまみを離してもたねび火確認ランプが点灯していることを確認
  7. 器具栓つまみを「2」へ回す
  8. 器具栓つまみを押しながら「3」へ回す(本火着火)
    もし、本火着火しない場合は、器具栓つまみを「0」に戻し、5分以上経ってから再度行う。
  9. 浴槽の温度が適温になったら器具栓つまみを「3」「2」「1」の順に回し戻す
ここで、追い焚きしながら給湯したい場合は、
  1. 器具栓つまみが「3」であることを確認
  2. シャワー出湯切替つまみをシャワーか出湯に回す
使い終わったら、器具栓つまみを「0」に戻す。
ガス栓を閉める。

2020年7月20日月曜日

コロナで就任減少時の居住用賃貸補助

皆様。
コロナの関係で、お仕事が停止・収入減少等でお困りの中お過ごしされているかと思います。

居住賃貸で何人の方が申請されて、弊社が関わった事例をお伝えしたいと思います。

1Kで、賃料60000円のお部屋の方が、コロナの関係で、お仕事が停止したそうで、

住宅確保給付金
 http://q.bmd.jp/bm/p/aa/fw.php?d=1&i=zentaku&c=297&n=16867

を申請され、その旨の連絡が弊社に来ました。

その後、江東区より、53700円を3ヶ月支給する書類が来まして、貸主様の捺印の代わりに、弊社が捺印し、支給振込口座を記載した書面を返送した所、数週間で振込される旨の連絡が来ました。

初めは、2ヶ月一括で振込されるとの事。
60000-53700=6300円は、借主様が、ご自身で貸主様口座へ毎月お振り込み致します。

保証会社を利用している方もいらっしゃるかと思います。
その際に、自動引落の際はどうなるのか、伺った所、補助金は、借主様口座へ振込されるとの事。

保証会社の自動引落は、以前と変わらず、借主様の口座より引き落としされます。

新型コロナウイルス感染症に関連する各省庁の支援策まとめ


2020年6月22日月曜日

Bloggerにサブドメインを設定する

今まで、wordpressでブログを書いていましたが、サーバー圧迫するので、GoogleのBloggerに移設しています。

そこで、Bloggerのドメインから、弊社サブドメイン利用をしたいと考え、色々試行錯誤した記録です。

https://cms.tokyomeiwa-co.net にしたい為、

Bloggerの設定

Bloggerの管理画面のダッシュボードから「設定」をクリック、「基本」の「公開」画面のブログのアドレスで、「ブログのサードバーディURLを設定」をクリックすると、下の図のように「サードバーディドメインの設定」という画面が表示されます。空白ボックスの中に「cms.tokyomeiwa-co.net」のサブドメインを入力します。

入力すると「このドメインに対する権限を確認できませんでした。エラー12。」と出ますが気にせずに、TXT レコード ドメインレジストラまたはプロバイダを選択 から、[その他]を選択。
 google-site-verification=xxxxx.....
 を確認。

次に、さくらインターネットのドメイン設定のゾーン設定画面に移動。

そこに2つ入力します。

一つ目:
エントリ名 cms
種別 CNAME
値 ghs.google.com.  最後にドットを入れる
DNSチェック する
TTLの指定 チェック無し
で登録。

二つ目
エントリ名 空白
種別 TXT
値 google-site-verification=xxxxx.....を入れる
DNSチェック する
TTLの指定 チェック無し
で登録。

ここで、ブログのサードバーディURLを設定からcmsサブドメインを入力して保存ボタン押しても変わらず。

ここではないことが分かりました。

TXT レコードが記載の下に、確認ボタンがありますので、そこを押す。
すると保存が出来ました。

しかし、すぐブログの表示を押しても表示されず、数分待ったら表示できました。

追記
Bloggerに移行できたのですが、落とし穴が。

WordPressにUPしていた画像が、Bloggerに移行されていると思っていました。

実際、Bloggerブログを見ても画像は表示されていたのですが。

その後、WordPressページを301で転送移行かけていたのですが、
Bloggerを見てみると画像が表示されていません。

ソースを見てみると、Wordpressのimagesのアドレスのまま記載されており、
その元のアドレスが301転送移行で表示されないので、表示がされていないことに
気付きました。

Wordpress画像をダウンロードして、Bloggerへアップロードし、記事内URLを
変更すれば良いのだと思っていましたが、Blogger画像保存先は、Googleアルバムあーカーブという外部から直に見れる所ではなく、Bloggerを使ってアップロードしないといけない場所で、しかも、アップロードURLが各々微妙に違うことに気付き、ショック!

ですので、一つ一つUPし気長に直します。

2020年5月13日水曜日

電気スイッチのプレートの種類

先日、古い家の壁にあるスイッチプレートがヒビが入ったので交換しようと考え、ホームセンターに売っている白い今どきのプレートを購入してつけてみました。

なんと!

スイッチ部分が凹んでいるではないでしょうか。

付け方が間違ったのかと再度、プレートを外し、確認してみても何ともない。

内側のスイッチ本体を付けている金属プレート部分が凹んでいるかとみても凹んでいない。

その時は、古い建物(スイッチ)だから、規格が違うんだなと思っていました。

数日後、電気屋さんに上の件を相談してみたら、なんと、スイッチプレートに種類があるとの事。

普通に売っている白い丸みを帯びているプレートは、フルカラープレートとかモダンプレートと言われているもので、

私が探しているものは、カラープレートと言われているものでした。

何が違うかと言うと、厚さです。フルカラープレートは10㎜で、カラープレートは5㎜です。

それで、カラープレートを購入して付けてみたらぴったり!

見かけは古いままのデザインですが、勉強になりました。

その時に知ったのですが、スイッチ部分も、今式(ボタンが3・4センチ×3・4センチ位)のボタンにも代えられるようでした。

ホームページがインデックスされなくなりました。

弊社ホームページwwwが何かの原因でインデックスされなくなりました。

弊社サイトは、wwwとktとgtとkgbとsyuekiと4つのサブドメインで構成されています。

wwwのみインデックスされなく、Goole search consoleでもクロールエラーが出て、
原因が分からなく、数か月経ちました。

.htaccessやrobots.txt、metaタグを調べたのですが、
わからないまま。


もしかして、ネットで質問したのですが、.htaccessが怪しいのではないかとの事で、wwwの.htaccessを見てもらった所、コメントなし。
自力でどうにかと思い、サーバーの問題ではないかと、さくらサーバーへお問合せ。
そこで、wwwのディレクトリの上、つまり、ドメイン最上部に、.htaccessファイルがありました。
記述を見ると、

SetEnvIf User-Agent "Googlebot" shutout
SetEnvIf User-Agent "Slurp" shutout
SetEnvIf User-Agent "msnbot" shutout
order Allow,Deny
Allow from all
Deny from env=shutout

が記載されており、調べてみると、
.htaccessで検索エンジンのクローラーを拒否する場合、このように記述するとの事。

このようなファイルを置いた記憶がなかったのですが、思い起こせば、
以前、今まで利用していたさくらサーバーが、速度が速くなった別サーバーの移行を
進められ、移行したことがありました。弊社ホームページは、初めは、wwwディレクトリの中にkt/gt等のサブディレクトリを作成し
管理していました。
その時は、初めでしたので、最上階のファイルも調べていました。

しかし、サーバー移行の際に、移動させただけで、最上階の部分は見ていませんでした。

最上階にある.htaccessは設置前に検索されない様にするためで、設置後は、不要な物と分かりました。

内容を削除してGoole search consoleで再インデックス申請したら申請できました。