SNS

2015年5月30日土曜日

江東区のお出掛けするならここをチェック!

江東区をお出掛けするなら


江東区をお出掛けするなら、一度は参考にしたい「江東おでかけ情報局」サイトです。

江東区内のイベントやトピックス欄で江東区の出ている事柄が掲載されています。

トピックスを見ていたら、
江戸の粋、伝統、そして未来へと向かう湾岸エリア。さまざまな魅力が渾然一体となり、多面的な表情とエネルギーを放つ街-「ワンダーランド江東」。
まさに「魅力百様」という様、そして「東京に江東あり」という心意気を、街の特徴である「運河」を連想させる色面分割によって表現し、江戸の活気と情緒を 感じさせるカラーリングで、カラフルで元気な表情を目指したシンボルマークを携え、江東区のPR活動に取り組んでいます。

の一環に、『江東古今南北 情緒に 先駆けに 出会う旅
【 魅力百様、江東区。】 江東 古今南北 ー 情緒に 先駆けに 出逢う旅 ー


なるものを発見。
「のぞむ」「和む」「たゆたう」・・・など、1つのキーワードにつき江東区の新旧スポットをそれぞれご紹介。
古き良き時代と未来都市が共存する、江東区の不思議な魅力に出会える旅へ誘う様に構成されています。

江東区も、東京オリンピックに向けて、観光に力が入っているようですね。

2015年5月29日金曜日

ブログがスマホ対応でなかった為の対策

とあるサイトユーザー様から、当社のブログ「トメコのいろいろ話」等が、スマホで見るとPCページの様に大きく表示されて醜いとの指摘ありました。

自社にて、ブログをスマホで表示した所、お話があった通り、PC表示のまま。
プラグインに、スマホ対応の「WPtouch」を入れてあるはずなのにと思いつつ...

元々のテーマが、スマホに対応していないのかと元々のテーマをスマホ表示すると対応している。
何がいけないのか?

次に、テーマの中を比較しても大量にあるので後回し。

色々検索しているうちに、キャッシュが関係しているかもとの情報が。

このブログにも、「W3 Total Cache」というキャッシュプラグインを使っている。

また検索するとHit!っと思われるページが見つかり、下記の様に対応。

どうやらこのW3 Total Cache、「Page Cache」の項目をオンにするとユーザーエージェントの判別(ユーザーがどんなデバイスで見ているか)ができなくなってしまうようらしいです。

これだとスマホからでもPC用の画面が表示されてしまいます。
ユーザーエージェントごとに設定した内容も全て適用されません。

W3 Total Cacheを有効しているので、左側の下部にある設定項目の中にある。

perfomance


次に、「Page Cache」を選択。



設定画面が開くので、上から3行目付近にある

Jump to: Main Menu | General | Advanced | Cache Preload | Purge Policy | Note(s)
のAdvancedを選択。
すると下記のような画面が表示されるので、


Advanced


ここの「Rejected User agents」という項目にデバイスの名前を書き込むと、そのデバイスのユーザーエージェントが効いてちゃんとテーマが振り分けられるようになります。

その中に、設定をそのまま書きました。

iphone
ipod
ipad
pre
pixi
iemobile
aspen
incognito
webmate
android
dream
cupcake
froyo
blackberry9500
blackberry9520
blackberry9530
blackberry9550
blackberry 9800
blackberry 9780
blackberry 9850
blackberry 9860
webos
s8000
bada

androidとiphoneくらいでもいいのかもしれませんが、全部入力。

そしたら、ブログが、スマホ用に表示されました。

めでたしめでたし。

追伸:

ブログページを「モバイル フレンドリー テスト」で試したら、

モバイル フレンドリーではありません

と表示。これでは、スマホ検索順位が下がると思い、またまた調べる。

metaタグに、

<meta name="viewport" content="initial-scale=1.0">

をいれるとOK。

2015年5月21日木曜日

耐震化診断はされましたか?!

江東区は、

平成20年3月に江東区耐震改修促進計画を策定し、これにもとづき、平成20年度から耐震化促進のための新たなる支援制度が始まりました。

マンションの他、民間特定建築物や緊急輸送道路沿道建築物においても、耐震診断・耐震設計・耐震改修助成を実施しています。

  • 対象となる建物の区分

  • 助成対象建築物

  • 助成対象者

  • 助成金額


といった大まかな事がありますが、細かい事は、下記にお問合せください。

問い合わせ先
江東区役所の都市整備部建築調整課建築防災係
窓口5-25電話03-3647-9764

初めは、耐震化アドバイザーの方が無料で助言してくれるそうです。

何事も、まずは、相談。

墨田区も耐震診断助成制度はあるそうですが、江東区とは違いよくわからない記述です。

2015年5月19日火曜日

南砂緑道公園内の大砲

南砂緑道公園内の永代通りで入口200m位入った所にある大砲。
��東陽町駅からだと、南砂町駅方面に歩き、歩道橋がある手前の左側にある草木の歩道の奥側。)

長州藩大砲鋳造場跡

これは、佐久間象山指導による大砲鋳造場があった場所です。

長州藩は幕末の頃、江東区南砂2~3付近にあった下屋敷の邸内で幕末に佐久間象山の指導を受けて大砲を鋳造していました。
跡地にあるモニュメントは、現在パリのアンヴァリッド(廃兵院)に保存されており、当時ここで造られていた実物の大砲をモデ ルとして制作されたブロンズ製のもので、白御影石の台座の上に据え付けられています。

佐久間象山とは…
幕末の思想家・兵学者です。
西欧の科学技術の摂取による国力の充実を主張していた方です。

2015年5月18日月曜日

南砂町の荒川にある水位の観測所データー

南砂町は、ゼロメートル地帯(海岸付近で地表標高が満潮時の平均海水面よりも低い土地のこと)で、ほぼ、川の水位と同じとなります。

堤防が荒川沿いにあり、心配はありませんが、超えたら...とふと思う時があります。

南砂町で検索していると、国土交通省が、「テレメータ水位 南砂町」として掲載(随時水位がわかる)しているページを発見しました。

テレメータ水位 南砂町の画像

右側に、新砂の家が建っていますが、新砂地域は、砂町地域では新しい地域なので、標高は少し高いです。

雨の日など、荒川の水位が気になる方は、チャックしてみてはいかがでしょうか。

2015年5月11日月曜日

6月1日(月)~道路交通法が改正施行されます。

現在、悪質自転車事故等が多くなり、道路交通法が改正されます。

信号無視などの危険行為を行い、3年以内に2回以上摘発された悪質自転車運転者は、都道府県公安委員会より自転車運転者講習(有料)の受講命令書類が交付されます。この受講命令に従わない場合、5万円以下の罰金が科せられるそうです。

自転車運転者講習制度
�� 危険行為(14類型)~

  1. 信号無視(道路交通法第7条)

  2.  通行禁止違反(〃第8条第1項)

  3. 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)(〃第9条)

  4. 通行区分違反(〃第17条第1項、第4項又は第6項)

  5. 路側帯通行時の歩行者の通行妨害(〃第17条の2第2項)

  6. 遮断踏切立入り(〃第33条2項)

  7. 交差点安全進行義務違反等(〃第36条)

  8. 交差点優先車妨害等(〃第37条)

  9. 環状交差点安全進行義務違反等(〃第37条の2)

  10. 指定場所一時不停止等(〃第43条)

  11. 歩道通行時の通行方法違反(〃第63条の4第2項)・・・通行可能な歩道では、原則車道側通行。車道の左側通行。車の進行方向と逆に進んではいけない。

  12. 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転(〃第63条の9第1項)・・・スポーツ自転車がついていないと話題になった行為

  13. 酒酔い運転(〃第65条第1項)・・・そのままの意味

  14. 安全運転義務違反(〃第70条)・・・片手運転、スピードの出し過ぎ等


以上、再確認しておかないといけない内容があります。

具体例がもっとわかりやすく説明があればいいのですが。

2015年5月8日金曜日

江東区立小学校の通学区域(学区)のご案内

江東区の区立小学校の通学区域(学区)はどうなの?

住所地により通学区域が定められており、その区域の学校が指定校となります。

通学区域につきましては下記のPDFファイルをご参照ください。


江東区立中学校の通学区域(学区)のご案内

江東区の区立中学校の通学区域(学区)はどうなの?

住所地により通学区域が定められており、その区域の学校が指定校となります。

通学区域につきましては下記のPDFファイルをご参照ください。


墨田区立小中学校の通学区域(学区)のご案内

墨田区の区立小中学校の通学区域(学区)はどうなの?

平成26年4月1日から通学区域が変更になりました。
住所地により通学区域が定められておりますので、その区域の学校が指定校となります。通学区域につきましては、下記の一覧をご参照ください。

通学区域につきましては下記の墨田区公式ページをご参照ください。