SNS

2009年7月18日土曜日

皆既日食観る際の注意

2009年7月22日に皆既日食が観れる。
しかし、注意が必要。(下記内容は、国立天文台:皆既日食の情報より)
太陽は、強い光と熱を放っており、皆既日食で隠れていたとしても、熱や光が強いことにわ変わりはなく、正しく観察しないと目を傷めたり・最悪失明したりする可能性もあります。
皆既日食を観る際やってはいけないこと

  • 直視することは不可

  • 望遠鏡・双眼鏡で観る事も不可(※専門家によって適切な減光を施された双眼鏡や望遠鏡は、日食観察に用いることができます。)

  • 下敷きやCDで観る事も不可

  • フィルムの切れ端を使う。(専門家によって、銀塩の白黒フィルムを適切に露光・現像して作られたネガは、日食観察に用いることができます。)

  • すすを付けたガラス板を使う。

  • サングラス・ゴーグルを使う。

  • 日食グラスを使って望遠鏡や双眼鏡をのぞく

肉眼で直接太陽を見ると、たとえ短い時間であっても目を痛めてしまいます。
また、下敷きやCD、フィルムの切れ端、すすをつけたガラス板、サングラスやゴーグルなどを使って太陽を見るのもいけません。見た目ではあまりまぶしく感じなくても、光の遮断が不十分なものや、目に見えない赤外線を通しやすいものがあり、気づかないうちに網膜が焼けてしまう危険性があります。
望遠鏡や双眼鏡は、太陽の光や熱を集めて強くするため、肉眼で太陽を見る以上に危険です。
安全な観察方法・・・ピンポールを利用する。木もれ日をみる。手鏡で建物や壁に反射させて写す。

子供の頃は、黒いガラスで観た記憶がありますが。
たぶん、今は、オゾン層が薄くなったため、紫外線等の有害光線が強いからなのでしょうか?
熱は今も昔も変わらないと思うのですが?
よく、専門家・専門機関に聞いた上で、適切な方法で観ましょう。
木もれ日の観察がいいかもしれません。幻想的です。



0 件のコメント:

コメントを投稿