SNS

2008年4月14日月曜日

元金均等返済

  元金均等返済とは、毎月返済する元金が一定で、残元金に対しての毎月の利息を上乗せして支払う返済方法である。毎月の返済額(元金+利息)は、当初は多くなるが、後になるほど少なくなっていく。
  この返済方法は、元利均等返済と比較すると、融資(借入金)残高はより早く減少するため将来の返済額が軽減され、又、利息の総支払額も少なくて済む。元利均等返済よりも、当初の返済が多く、必要月収が高くなるため、現在の収入に余裕がある場合に利用を検討したい。
元金均等.gifメリット
●毎月の返済額(元金+利息)は、返済が進むほど、少なくなり負担が軽くなる。
●同じ返済期間の場合、元利均等よりも総返済額が少なくなる。
デメリット
●当初の返済負担が重く、必要月収が高い。



0 件のコメント:

コメントを投稿