SNS

2006年6月2日金曜日

宅地建物取引主任者登録申請

やったー

5月30日に実務講習修了者修了証明書が送られてきた。
(これは、実務経験2年未満の者が2年以上したものとして行われる講習試験である。)

宅地建物取引主任者資格試験に合格して6ヶ月も経ちました。
長かった。
そして、昨日、申請手続きの為に書類をそろえていたら、登録申請書(写真添付)・住民票・実務講習修了証明書・登記されていないことの証明書・身分証明書・誓書・宅地建物取引主任者合格証とそのコピーが必要との事。
パパッと読んで、身分証明書は、免許証で良いかと思っていたら、実は、本籍地の区役所にて発行される証明書だと知りました。(住所地と本籍地の違う方は気を付けましょう。)
都庁の受付で前の人が免許証で良いかと思い、勘違いして困っていました。
そして、登記されていないことの証明書は、法務局の出張所では発行されません。・・・・と法務局に書いてありました。
こんなことで、色々行き来し、何度も移動していたので、地下鉄の一日乗車券が役に立ちました。
やっとのことで、書類が揃い、都庁の第二庁本庁舎の4階に行きました。
まずは受付の方に書類を渡し、誓書の条文を読み、5分くらいで係りの方に呼ばれ、冊子をもらいました。
��0日後にはがきが送られてくるのでそのはがきと必要書類をもって都庁へ行く。
まだまだ、主任者証をもらうには時間が掛かりそうです。
必要書類の中で写真が2枚必要なのですが、一つの写真が免許証の写真となるそうです。
早くはがきが着ます様に。


0 件のコメント:

コメントを投稿