SNS

2006年11月25日土曜日

新東京タワーのデザイン決定

 2011年の開業目指す墨田区(押上・業平橋地区)に建てられる新東京タワー(高さ約610m)のデザインが決まったそうである。【画像は、Rising-east.jpより】
新東京タワー

また、タワーを中心とした同地区の開発コンセプトも掲載されていました。【TOBU NEWSより抜粋】
「Rising East Project~やさしい未来が、ここからはじまる」(※Eastは、東京の東、日本の東、世界の東をあらわす)をキーワードとし、以下のコンセプトで下町文化の歴史を受け継ぎつつ、デジタルタワーを中心とした新しい都市文化の創造発信拠点の形成を目指すこととしました。
  • 日本、下町のものづくりのDNAを継承し、人々の交流が、新たな都市文化を創造する「アトリエコミュニティ」
  • 人に、地球に優しく、災害に強く、安全で安心して暮らせる「優しいコミュニティ」
  • 先端技術、メディアが集積し、新しい日本、新しい東京を、世界へと発信するタワーを核とした「開かれたコミュニティ」
地域も塔もすごい感じで出来上がった後の地域がどのようになるか楽しみです。
私的には、タワーのデザインから大阪万博の太陽の塔のように未来へのシンボルのような思いを抱かせるデザインですね。「当時は私は産まれていなかったのでTVの映像より思った感じです。」
塔も最上階の展望台にぜひ行きたいところです。
詳しくは、『やさしい未来が、ここからはじまる。Rising East project』をご覧下さい。※表示に時間が掛かりますので、1分位待ちましょう。
追記:建設予定場所の図です。
新東京タワー図
(東武鉄道株式会社:SUMIDA TOWER PROJECTより)
続き


0 件のコメント:

コメントを投稿