SNS

2018年1月29日月曜日

入居者に長く住んで頂くための賃貸経営

オーナー様は、入居者様が長く住んで頂く行動をしていますか?
恐らく、されている方もいらっしゃるかと思いますが、
大半が基本メンテナンス(外壁塗装・掃除等)をされているだけなんではないでしょうか。
そこで、不動産業者の目線から感じたポイントの一例をお伝えしたいと思います。

  • まずは、環境です。掃除はもちろんなんですが、お花を生けたり、鉢植えで花を飾ったりしてみては如何でしょか。葉っぱだけの鉢植えは、よくありません。
    葉っぱの植物
    なぜなら、葉っぱだけだと緑一色が多いので、花ならぬ花がないから...です。また、たまに水をあげれば、日当たり次第ですが育ちます。しかし、花びらのある花は、水あげ管理が重要です。植物にもよりますが、たまに水を上げないと枯れる可能性があります。それでは、雨水でもいいじゃないかと思われたかもしれません。確かに、屋外に花鉢を飾れば、水の心配は殆ど無いかもしれません。

    花のある鉢
    ここのポイントで重要なのは、花を育てることではありません。花があれば育てる手間のために、『建物に足を運んでいる』という事が、目に見えてわかる事です。

    掃除をコマ目にしておけば、管理が行き届いていると思いますが、殺風景です。

    なので、花のような色の付いた物で、生きているものが良いかと思います。



このようなちょっとした事を挑戦してみては如何でしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿