SNS

2006年12月9日土曜日

ノロウイルスで感染性胃腸炎

テレビもクリスマス話題が多くなりましたが、小さなお子様が居る家庭は、注意しましょう。
『ノロウイルス(非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種。)』が原因による胃腸炎がかかりやすい時期になります。
症状は下痢や嘔吐(おうと)、発熱などあり、通常は数日で治るが、お年寄りは重症化しやすい。感染経路としてはカキの生食によるケースが知られているが、最近目立つ老人施設や病院での集団感染は、感染した調理従事者が食品を扱ったり、患者の排せつ物などから人の手などを介して感染が広がった例が多い。(読売新聞より)
私も昨年、この症状と同じような事があり、苦しみました。
予防方法は、外から帰ってきたら、よく手洗い・うがいをし、又、トイレ後の石鹸での手洗い、オムツ換えなど、常にバイキンの進入を予防しましょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿